海浜幕張の空から

PENTAX機で撮った海浜幕張の空模様・千葉県内の写真を中心に、時々ランクル70やアメリカ西部の写真などを貼っています。

海洋ゴミ問題  

2021/03/28(日) 雨のち曇り 
20210327_1113c.jpg
PENTAX MX-1 / smc PENTAX f1:1.8-2.5 6-24mm
 ビーチクリーン活動の度に展示され学ぶ事ができる、生態系に大きな影響を及ぼすマイクロプラスチックゴミを始めとする、海洋ゴミについての資料。
 いつも用意してくれる主催の方々には感謝しております。
 全世界で年間800万トンの海洋ゴミが発生しており、2050年には海に生息する生き物よりゴミの総量の方が多くなってしまうとも言われています。 
 捨てない事が、まずは第一ですが、利便性や装飾性などで、過剰に使用されているプラスチックの総量を減らしていかなくてなならない事も警鐘されています。 
 ”海洋ゴミ”、”Marine debris"などで検索すると、世界中の、それはそれは酷く醜い海岸の画像が沢山出て来て、今すぐにでも何とかしなければ、と言う思いに駆られてしまいます。 

 地球温暖化対策のための「脱炭素社会」などの高尚な目標を、国や国際機関では掲げていますが、まずはこうしたゴミ問題の解決に向けた動きの方が先の様に思えてなりません。 
 と言うか、こうした我々を含む生態系に影響し、実際に起こっている問題を放置して「脱炭素社会」になって、どんな意味があるのかとも考えてしまいます。

20210327_1104b.jpg
PENTAX MX-1 / smc PENTAX f1:1.8-2.5 6-24mm
 千葉市にも認識され、徐々に活動の輪が広くなって来ています。
 少しでもこうした活動が、日本中・世界中に広がり、長い道のりの先には最小限の「脱ゴミ社会」が実現する事を願ってやみません。 

(撮影日:2021/03/27 撮影地:千葉市美浜区)

いつもご訪問いただき、大変ありがとうございます。
関連記事

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

QRコード

海浜幕張の空から - にほんブログ村