海浜幕張の空から

PENTAX機で撮った海浜幕張の空模様・千葉県内の写真を中心に、時々ランクル70やアメリカ西部の写真などを貼っています。

トパーズの輝き  

2020/03/21(土) 晴れ 
20200219_1642xa.jpg
PENTAX K-5 / smc PENTAX-DA* f1:2.8 16-50mm
 トパーズのように輝く、北海道中川郡豊頃町、大津海岸のジュエリーアイス。 

 冬の北海道から帰って来て1ヶ月が経ち、記事としても今回メインで訪れた十勝から離れるところになりましたので、今年の冬の北海道(十勝)の空からはこれにて終了させていただきます。
 約1ヶ月もの長きに渡りお伝えして来ましたが、長々とお付き合いいただき、大変ありがとうございました。 

 昨年も訪れて見た豊頃町大津海岸のジュエリーアイスですが、昨年はあまり状態が良くなく、そのリベンジと言う形での今年の訪問となりました。
 結果、昨年からは考えられないぐらい沢山の氷が浜に上がっており、感激した訪問となりましたが、同時に数日前に降った雪が氷を覆い尽くし、少し残念な感じもある訪問でした。
 今回、偵察と称して夕刻に大津海岸に行ってみましたが、意外と夕刻時も綺麗な光景を見せてくれ、夜明け時がメインなジュエリーアイスは夕刻も有り!だなと思ったのが、今後への収穫でした。

 一旦、冬の北海道は終了しますが、まだ記事に出来ていない写真も沢山あり、たまにまた出て来るかも知れませんが、よろしくお願いいたします。
 次回からは、春らしいシリーズをスタートさせたいと思います! 

(撮影日:2020/02/19 撮影地:北海道中川郡豊頃町)
                
ご訪問いただき、ありがとうございます。 よろしければ、ポチっと応援いただけると幸いです。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ にほんブログ村

十勝牧場の白樺並木  

2020/03/20(金) 晴れ 
20200221_1043a.jpg
PENTAX K-5 / smc PENTAX-DA* f1:2.8 16-50mm
 音更町にある十勝牧場の中を、斜めに横断する形で1.3km続く白樺並木。
 十勝晴れの抜けるような青空を背景に、と言うわけには行きませんでしたが、それでも十分綺麗な白樺並木を堪能できました。 

 ここに来る前に居た馬追い運動場を出て、入口の消毒液散布の場所の近くまで来たとき、一人の女性が歩いていて、
「馬追いの会場は、こっちですか?」と聞いてきたので、そうですけど今日はもう終わりましたよ、と告げると、
「それは、残念、白樺並木はどちらか分かりますか?」とのことで、結構遠く自分達も向かうので乗って行って良いですよと伝えると、
「ありがとうございます、助かります、実は、、、」ともうひと方、ご年配の女性が後ろからやって来るのが見えました。
 と言うことで、散々散らかしていた後部座席を片付け、二人分のスペースを作ってここまで送って来ました。

 聞いたところでは、お二人は親子で、羽田の朝一の便でとかち帯広空港に降り立ち、バスを乗り継いでここまで来たんだとか。
 お二人とも写真を趣味にしていて、車から降りると各々一眼カメラを取り出して、白樺並木を撮影していました。
 わずか5分程度の乗車だったので、それ以上の事は分かりませんが、何でしょう、親孝行の思い出作りの旅とかでしょうかね。
 幸い、バス停も近くにあり、そんなに待たなくとも来そうだったので、お互いにお気を付けてと言って、自分達はオホーツクの方へ向け出発しました。 

(撮影日:2020/02/21 撮影地:北海道河東郡音更町)

※2020/02/19~22に訪れた、冬の北海道の空からお届けしています。
                
ご訪問いただき、ありがとうございます。 よろしければ、ポチっと応援いただけると幸いです。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ にほんブログ村

十勝牧場雪景色  

2020/03/19(木) 曇りのち晴れ 
20200221_1018a.jpg
PENTAX K-5 / smc PENTAX-DA* f1:2.8 16-50mm
 馬追いが終わり、静まり帰った十勝牧場の馬追い場と手前のモフモフの雪。 普段雪のない千葉県に住んでいるので、こう言うモフモフを見ると、ついつい撮ってしまうんですよね。 

20200221_1019a.jpg
PENTAX K-5 / smc PENTAX-DA* f1:2.8 16-50mm
 牧場内の、おおらく使われなくなった古い厩舎の屋根の雪。 

(撮影日:2020/02/21 撮影地:北海道河東郡音更町)

※2020/02/19~22に訪れた、冬の北海道の空からお届けしています。
                
ご訪問いただき、ありがとうございます。 よろしければ、ポチっと応援いただけると幸いです。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ にほんブログ村

十勝牧場の馬追い  

2020/03/18(水) 晴れ 
20200221_1005a.jpg
PENTAX K-5 / smc PENTAX-DA* f1:2.8 16-50mm
 音更町にある十勝牧場で冬の間行われている、牧場の農耕馬の運動不足を解消する「馬追い」の様子。 比較的がたいの大きな馬が、何頭も間近で雪を蹴って走るので迫力があります。
 この馬追いは1月中旬から2月末頃まで一般に公開されていますが、車で来た場合はこのエリアに入る前に車ごと洗車機の様なもので消毒して来る必要があります。 

20200221_1001b.jpg
PENTAX K-5 / smc PENTAX-DA* f1:2.8 16-50mm
 一度に20頭ほどの群れを運動用のトラックで2~3週走らせますが、この日はそのセットを三つの群れで行いました。
 今年は既に一般公開は終了していますが、馬追いは平日しか行っていないので、来年見に行く予定の方は注意してくださいね。 
 馬追いが終わったあとは、厩舎の方でのんびりとする馬を見ることが出来ます。 兄弟なのか、物凄く仲の良い馬とかいて、そんな様子も見ていて楽しかったですね。 

(撮影日:2020/02/21 撮影地:北海道河東郡音更町)

※2020/02/19~22に訪れた、冬の北海道の空からお届けしています。

ご訪問いただき、ありがとうございます。 よろしければ、ポチっと応援いただけると幸いです。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ にほんブログ村

幸福駅跡のキハ  

2020/03/17(火) 晴れ 
20200220_1325a.jpg
PENTAX K-5 / smc PENTAX-DA* f1:2.8 16-50mm
 十勝晴れの青空と、幸福駅跡の雪原とキハ。
 幸福駅の、駅自体はいろいろ賑やかなことになっていましたが、廃線跡に設置・展示されている2両のキハはなかなか良い状態で保存されていました。 

20200220_1339b.jpg
PENTAX K-5 / smc PENTAX-DA* f1:2.8 16-50mm
 ヘッドライトやテールライト辺りのディテール。 車内の扇風機スイッチやカキンと音のする灰皿。
 灰皿のJNR(Japanese National Railways)のマークが懐かしいですね。 

(撮影日:2020/02/20 撮影地:北海道帯広市)

※2020/02/19~22に訪れた、冬の北海道の空からお届けしています。
                
ご訪問いただき、ありがとうございます。 よろしければ、ポチっと応援いただけると幸いです。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ にほんブログ村

愛国から幸福ゆき  

2020/03/16(月) 晴れ 
20200220_1416a.jpg
PENTAX K-5 / smc PENTAX-DA* f1:2.8 16-50mm
 旧国鉄広尾線「愛国駅」跡。 

20200220_1327a.jpg
PENTAX K-5 / smc PENTAX-DA* f1:2.8 16-50mm
 旧国鉄広尾線「幸福駅」跡。 

 愛国駅の方は中が博物館のようにされ、綺麗に保存されていましたが、幸福駅の方は、いろいろ「幸福」に関わる施設が建てられたり、「幸福」を祈願する切符風のものが所狭しと貼られていたりと、随分賑やかな事になっています。
 国鉄時代だった当時から、駅舎の中に名刺などが沢山貼られてはいましたが、廃線廃駅となった今はもう少し素朴な感じで残しても、と思うのは旅人目線だからでしょうか、、、 

 昔々、鉄道旅行が全盛期だった頃、北海道も今の倍ではきかないぐらい鉄道路線が張り巡らされ、その一つに帯広から十勝の広尾まで南下する「広尾線」が走っていました。
 当時のテレビの旅番組や、国鉄が打ったキャンペーンにより、この広尾線の中の駅「愛国」から「幸福」ゆきの切符が、物凄いブームとなり、北海道に旅行に来た若者たちがこの切符を求めて大勢やって来ました。
 そんな中の一人として、自分も何十年も前に切符を買いに来た覚えがあり、古いものがある戸棚を見てみると、幸福駅のスタンプとともに色褪せた「幸福」ゆきの切符が出て来ました。 
 
20200220_1328a.jpg
iPhone 8Plus
 当時の国鉄の一大キャンペーンの名称「DISCOVER JAPAN」が入った幸福駅のスタンプと硬券の切符。
 「当日限り」と「下車前途無効」は、おそらく当時の駅員さんが定規を使って、一枚一枚取り消し線を入れてたんでしょうね。
 ハート型の鋏の痕は、そう言う形の鋏だったのか、自分でその形にしたのか、いずれにしても今となっては少し気持ち悪いかもですね。 
 この切符を探していたら、またまた何やら楽しげなものが出て来ましたが、また別の機会に記事に出来ればと思います。 

(撮影日:2020/02/20 撮影地:北海道帯広市)

※2020/02/19~22に訪れた、冬の北海道の空からお届けしています。
                
ご訪問いただき、ありがとうございます。 よろしければ、ポチっと応援いただけると幸いです。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ にほんブログ村

中札内の青空  

2020/03/15(日) 晴れ 
20200220_1314a.jpg
PENTAX K-5 / smc PENTAX-DA* f1:2.8 16-50mm
 ランチで十勝名物豚丼を食べた「JA中札内村直売所」と、十勝晴れの青い空。 
 右側に描かれている枝豆は、ここ中札内の特産品で全国での販売はもとより世界中に輸出されています。 
 なので、皆さんの地元のスーパーにも中札内ブランドの枝豆が出回っているかも知れませんね。 

20200220_1206a.jpg
PENTAX K-5 / smc PENTAX-DA* f1:2.8 16-50mm
 中札内の道の駅で見た雪景色と空。 十勝の空は本当に素晴らしいですね。 

(撮影日:2020/02/20 撮影地:北海道河西郡中札内村)

※2020/02/19~22に訪れた、冬の北海道の空からお届けしています。
                
ご訪問いただき、ありがとうございます。 よろしければ、ポチっと応援いただけると幸いです。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ にほんブログ村

豊頃町のシンボル  

2020/03/14(土) みぞれ混じりの雨 
20200220_0945a.jpg
PENTAX K-5 / smc PENTAX-DA* f1:2.8 16-50mm
 国道38号線の豊頃町のカントリーサイン。 昨日お伝えした「はるにれの木」は、豊頃町のシンボルとしてこのカントリーサイン始め、町内のいろんなところに描かれています。 

20200220_0912a.jpg
PENTAX K-5 / smc PENTAX-DA* f1:2.8 16-50mm
 清掃車に描かれた、図案化されたはるにれの木。 

(撮影日:2020/02/20 撮影地:北海道中川郡豊頃町)

※2020/02/19~22に訪れた、冬の北海道の空からお届けしています。
                
ご訪問いただき、ありがとうございます。 よろしければ、ポチっと応援いただけると幸いです。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ にほんブログ村

はるにれの木  

2020/03/13(金) 晴れ 
20200220_1014a.jpg
PENTAX K-5 / smc PENTAX-DA* f1:2.8 16-50mm
 霧氷をまとった、豊頃町のシンボル的な存在の「はるにれの木」。 氷の大津海岸から十勝川沿いに遡って、十勝川の河川敷にある大きな木の所へやって来ました。
 この木は、二本の木が寄りそう様に立っていて、枝ぶりなど姿形がとても良いので、数多くのカメラマンに撮られている有名な木で、ちょっとした観光スポットになっています。 

20200220_1022a.jpg
PENTAX K-5 / smc PENTAX-DA* f1:2.8 16-50mm
 小さな霧氷と、その向こうの雪原の中のはるにれの木。 

(撮影日:2020/02/20 撮影地:北海道中川郡豊頃町)

※2020/02/19~22に訪れた、冬の北海道の空からお届けしています。
                
ご訪問いただき、ありがとうございます。 よろしければ、ポチっと応援いただけると幸いです。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ にほんブログ村

ジュエリーハウス  

2020/03/12(木) 晴れ 
20200220_0838a.jpg
PENTAX K-5 / smc PENTAX-DA* f1:2.8 16-50mm
 雪面の人型、、、フカフカの雪原があるとやりたくなりますよね。 十勝川河口探索を終え、氷の転がる浜をトコトコ歩いて大津海岸の入口に戻って来ました。 

20200220_0910a.jpg
PENTAX K-5 / smc PENTAX-DA* f1:2.8 16-50mm
 厳冬期になると開く、海岸入口にある「ジュエリーハウス」。 暖かい飲み物や、ここでしか売っていないお土産物などが置いてありますが、海岸を歩いたあとは身体の芯から冷え切っているので助かります。 
 自分達もコーヒーとココアを入れてもらいましたが、飲んで休んでいると「これ、九州から来た人の土産だけど、」と言って、小さなお饅頭をいただきました。 

 このジュエリーハウスは、例年は今頃まで開いているのですが、今年はコロナの関係で2月25日をもって閉めてしまったそうです。 いろんなところに影響が出ていますよね。 

(撮影日:2020/02/20 撮影地:北海道中川郡豊頃町)

※2020/02/19~22に訪れた、冬の北海道の空からお届けしています。
                
 そろそろ都内でもソメイヨシノがチラホラと咲き出している模様です。 このブログの記事は、特に仕事でも無いので計画も立てず淡々と綴っていますが、このままのペースでは桜満開・春爛漫!の時期になっても、寒い氷の世界をやっている可能性が濃厚です。
 こう言う趣味の事こそ計画的に!と怖~い経理のオネーサンに叱られそうですが、このまま突き進んで出し切るか、一時中断して後日再開するべきか、思い悩み中です。 

ご訪問いただき、ありがとうございます。 よろしければ、ポチっと応援いただけると幸いです。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ にほんブログ村

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

QRコード

海浜幕張の空から - にほんブログ村