海浜幕張の空から

PENTAX機で撮った海浜幕張の空模様・千葉県内の写真を中心に、時々ランクル70やアメリカ西部の写真などを貼っています。

水郷めぐりの舟  

2018/05/19(土) 晴れ時々曇り 
20180429_1331.jpg
PENTAX K-5 / smc PENTAX-DA* f1:2.8 16-50mm
 水郷として知られる佐原の町では、町内を流れる小野川を舟でめぐる「小江戸さわら舟めぐり」が行われています。
 GWの連休中、川岸から、「撮り鉄」ならぬ「撮り舟」をして来ました。 

20180429_1334.jpg
PENTAX K-5 / smc PENTAX-DA* f1:2.8 16-50mm
 船頭さんの、見事な「櫂さばき」ならぬ「船外機さばき」により、水郷めぐりの出発です。(櫂の様な長い棒は、方向転換のときのみ使う様です)
 船乗り場の上の建物は、婿入りして佐原に移り住んだ伊能忠敬の旧宅、小野川に水を落とす橋はその水の音から「じゃあじゃあ橋」と呼ばれています。 

20180429_1503.jpg
PENTAX K-5 / smc PENTAX-DA* f1:2.8 16-50mm
 佐原の町並みをめでながら、柳の並木の小野川をゆったりと進む水郷めぐりの舟。 
(撮影:2018/04/29)
                
ご訪問いただき、ありがとうございます。 よろしければ、ポチっと応援いただけると幸いです。 
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ にほんブログ村


スポンサーサイト

府馬の大クス  

2018/05/16(水) 晴れ 
20180504_1609.jpg
PENTAX K-5 / smc PENTAX-DA* f1:2.8 16-50mm
 千葉県香取市府馬の宇賀神社の境内にある、大正時代に国の天然記念物に指定された「府馬(ふま)の大クス」。 
 元々「クスノキ」の大木と思われてましたが、詳しく調べてみると「タブノキ」であることが解ったのですが、昔からの呼び名のまま大クスと呼ばれてます。 
 樹齢は千年以上とのことですが、平成25年の台風26号によって一番太い枝が折れる被害があり、今は少し小振りになってしまったそうです。 

20180504_1626.jpg
PENTAX K-5 / smc PENTAX-DA* f1:2.8 16-50mm
 宇賀神社の杜と西側の鳥居。 周りの田畑から40m程の小高い丘全体が、神社の杜の様な感じの場所でした。 

20180504_1628.jpg
PENTAX K-5 / smc PENTAX-DA* f1:2.8 16-50mm
 杜の中の民家に茂る生垣と青もみじ。 被害を受けた大クスですが、地域の人により、折れた枝を含め大切に保存活動が進められているそうです。 
(撮影:2018/05/04)

ご訪問いただき、ありがとうございます。 よろしければ、ポチっと応援いただけると幸いです。 
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ にほんブログ村


屏風ヶ浦で見かけたもの  

2018/05/15(火) 晴れ 
20180504_1225.jpg
PENTAX K-5 / smc PENTAX-DA* f1:2.8 16-50mm
 ガードレールの上のはぐれ雲。 

20180504_1237.jpg
PENTAX K-5 / HD PENTAX-DA f1:4-5.8 55-300mm
 風車の前のウインドサーファー。 

20180504_1156.jpg
PENTAX K-5 / smc PENTAX-DA* f1:2.8 16-50mm
 挨拶しているパワーショベル。 
(撮影:2018/05/04)
                
                
ご訪問いただき、ありがとうございます。 よろしければ、ポチっと応援いただけると幸いです。 
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ にほんブログ村


伊能忠敬記念館  

2018/05/10(木) 雨のち晴れ 
20180429_1441.jpg
PENTAX K-5 / smc PENTAX-DA* f1:2.8 16-50mm
 千葉県の北総の佐原を訪れた際、町なかにある「伊能忠敬記念館」を見学してきました。 左奥が記念館の入り口。 

20180429_1422.jpg
PENTAX K-5 / smc PENTAX-DA* f1:2.8 16-50mm
 記念館の受付。 館内には、伊能忠敬の生い立ちや全国の測量に至る経緯、当時の測量方法や道具、測量の結果作成された日本地図(伊能図)などが、分かり易く詳細に展示されています。 
 今の様に測量機器やコンピュータの無い時代、長い時間と手間をかけ、全て人力により測量し、手作業により記録・計算し、あの様な正確な伊能図が作られたことに、ただただ感服します。 
 尚、今は作成された伊能図を国外に持ち出そうとしたことが発覚した「シーボルト事件」に関する展示も併せて行われてます。 

20180429_1428.jpg
PENTAX K-5 / smc PENTAX-DA* f1:2.8 16-50mm
 記念館の裏庭にある、忠敬の像と、天体観測に用いられた「象限儀」のオブジェ。 
 日本全国の測量は、忠敬が55歳から71歳の間に合計10回行われ、全国図の完成を待たずに73歳で没したとのこと。 
 伊能図と今の衛星画像を比較して見せることができたなら、自分がどれだけ正確で立派な仕事を成し遂げてきたかと思うことでしょうね。
(撮影:2018/04/29)

ご訪問いただき、ありがとうございます。 よろしければ、ポチっと応援いただけると幸いです。 
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ にほんブログ村


千葉の水田風景  

2018/05/08(火) 曇りのち雨 
20180504_1536.jpg
PENTAX K-5 / smc PENTAX-DA* f1:2.8 16-50mm
 
20180504_1637.jpg
PENTAX K-5 / smc PENTAX-DA* f1:2.8 16-50mm
 連休明けから、ぐずついた天気が続いていますが、天気の良い連休中に千葉県香取市で見た、千葉の水田風景。
 何と言うこともない風景ですが、田植えが済んだあとの水田に映る雲が綺麗でした。 

20180504_1641.jpg
PENTAX K-5 / smc PENTAX-DA* f1:2.8 16-50mm
 水田の脇で緑色に光るスギナの葉。 これだけスギナが生えていると言うことは、春先はこの辺りはツクシだらけだったんでしょうね。 
(撮影:2018/05/04)
                
ご訪問いただき、ありがとうございます。 よろしければ、ポチっと応援いただけると幸いです。 
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ にほんブログ村


プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

QRコード