海浜幕張の空から

PENTAX機で撮った海浜幕張の空模様・千葉県内の写真を中心に、時々ランクル70やアメリカ西部の写真などを貼っています。

都庁南展望室  

2018/07/09(月) 晴れ 
20180709_1952.jpg
PENTAX MX-1 / smc PENTAX f1:1.8-2.5 6-24mm
 帰りにたまに寄る、東京都庁の展望室から見た、当初の新宿超高層ビル街。 今回は45階の南展望室に昇ってみました。 

20180709_1951.jpg
PENTAX MX-1 / smc PENTAX f1:1.8-2.5 6-24mm
 左から東京スカイツリー、NTTドコモ代々木ビル、東京タワーの3つのタワー。 
 この光に満ちた街で、見える範囲だけでも何百万と言う人々が働き、生活しているんだなと思うと、畏敬の念を覚えてしまいます。 

20180709_1915.jpg
PENTAX MX-1 / smc PENTAX f1:1.8-2.5 6-24mm
 月曜日は本当は休肝日なんですが、あまりの暑さにいたたまれず、展望室のレストランでのどを潤してしまいました。(カミさんには内緒にしといてください)

ご訪問いただき、ありがとうございます。 よろしければ、ポチっと応援いただけると幸いです。 
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ にほんブログ村


新宿マルイ本館「Q-COURT」  

2018/06/29(金) 晴れ 
20180629_1945.jpg
PENTAX MX-1 / smc PENTAX f1:1.8-2.5 6-24mm
 異例の早さで6月中に関東甲信越で梅雨明けとなった金曜日、新宿マルイ 本館の屋上庭園「Q-COURT」に寄ってきました。 
 都会の雑踏のど真ん中にありますが、9階建てのビルの屋上に芝生が植えられた庭園があり、ちょっとした憩いの場になっています。 

20180629_1944.jpg
PENTAX MX-1 / smc PENTAX f1:1.8-2.5 6-24mm
 「Q-COURT」から望む、「NTTドコモ代々木ビル」の尖塔と「JR新宿ミライタワー」。  ミライタワーは2年前に、新宿駅南口にできた様ですが、あまり知りませんでした。
 油断していると、知らないうちにどんどんビルが建っていて、やはり都会は移ろいやすいですね。 
                
ご訪問いただき、ありがとうございます。 よろしければ、ポチっと応援いただけると幸いです。 
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ にほんブログ村


秩序あるカオスな渋谷  

2018/06/28(木) 曇りのち晴れ 
20180628_2139.jpg
PENTAX MX-1 / smc PENTAX f1:1.8-2.5 6-24mm
 6月末でプロジェクトを離れるメンバーの送別会があり、その帰り怖い物見たさでちょっとだけ渋谷に寄って来ました。 ポーランド戦開始前の21時過ぎの渋谷駅前の様子。 

20180628_2149.jpg
PENTAX MX-1 / smc PENTAX f1:1.8-2.5 6-24mm
 スクランブル交差点で大きな旗を振るファン。 何か変な言い方ですけど「秩序あるカオス」状態の渋谷でした。 

 その後、ゲームとしてはいろいろな意味で残念な結果でしたが、決勝トーナメント進出が決まり、今ごろこの辺りは物凄いことになってるんでしょうね。 
                
ご訪問いただき、ありがとうございます。 よろしければ、ポチっと応援いただけると幸いです。 
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ にほんブログ村


第一生命館(旧GHQ本部)  

2018/06/23(土) 雨 
20180621_1947.jpg
PENTAX MX-1 / smc PENTAX f1:1.8-2.5 6-24mm
 日比谷通り沿いに建つ「第一生命館」。 終戦後は、GHQ(連合国総司令部/General Headquarters)本部として接収されていました。 
 GHQ本部として、いくつか建物の候補があった様ですが、マッカーサー総司令官がこの建物を一目見て気に入り、他の候補地は見ずに決めたとのことです。 

20180621_1935.jpg
PENTAX MX-1 / smc PENTAX f1:1.8-2.5 6-24mm
 日比谷濠に映りこむ「第一生命館」。 先日の記事の「明治生命館」とは違い、シンプルで力強い外見の建物です。 

 有名な昭和天皇とマッカーサー総司令官の写真は、連合国への公式な訪問ではない様に配慮され、この建物ではなくアメリカ大使公邸で撮られたとのことです。 
 正装で皇居を発たれた昭和天皇は、戻れないかも知れない覚悟で会見に臨み、総司令官に「戦争の責任は全て自分が負っており、国民に責任は無い。国民の復興のためにお力添えをお願いしたい。」旨述べられ、
 また「責任を負う自分の処遇は連合国の判断に委ねたい。」との申し出を受けたマッカーサー総司令官は、身を呈して国民を守ろうする昭和天皇のことを日本で最上の紳士であると感じ、尊敬の念を抱いたと後に語っています。
                
ご訪問いただき、ありがとうございます。 よろしければ、ポチっと応援いただけると幸いです。 
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ にほんブログ村


夏至の日比谷濠  

2018/06/21(木) 曇り 
20180621_1942.jpg
PENTAX MX-1 / smc PENTAX f1:1.8-2.5 6-24mm
 
20180621_1939.jpg
PENTAX MX-1 / smc PENTAX f1:1.8-2.5 6-24mm
 夏至の日没後、街の灯りを映す皇居のお堀の一つ「日比谷濠」。 風もほとんど無く、水鏡の様なお堀が映す空と街灯りが綺麗でした。 

20180621_1941.jpg
PENTAX MX-1 / smc PENTAX f1:1.8-2.5 6-24mm
 今年の3月末にオープンした「日比谷ミッドタウン」の横に昇るおぼろ月。 
                
ご訪問いただき、ありがとうございます。 よろしければ、ポチっと応援いただけると幸いです。 
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ にほんブログ村


プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

QRコード