海浜幕張の空から

PENTAX機で撮った海浜幕張の空模様・千葉県内の写真を中心に、時々ランクル70やアメリカ西部の写真などを貼っています。

南アルプス天然水  

2020/06/05(金) 曇り 
20120715_1542a.jpg
PENTAX K-5 / smc PENTAX-DA f1:3.5-5.6 18-55mm
 南アルプス(残念ながらほぼ雲の中)を背景に、この辺りに来たら撮りたかった一枚。 天竜川沿いのスーパーの、屋上駐車場にて。 

(撮影日:2012/07/15 撮影地:長野県伊那市)
                
ご訪問いただき、ありがとうございます。 よろしければ、ポチっと応援いただけると幸いです。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ にほんブログ村

天空の里  

2020/06/04(木) 曇りのち晴れ 
20120714_1602b.jpg
PENTAX K-5 / smc PENTAX-DA f1:3.5-5.6 18-55mm
 南信州の南アルプス山麓に、天空の里とも日本のチロルとも呼ばれる「下栗の里」があります。 
 天竜川の支流の遠山川沿いにある「遠山郷」からさらに山中の細い道に分け入り、曲がりくねった道を登った山の尾根の斜面に忽然と集落が現れます。 

20120714_1530b.jpg
PENTAX K-5 / smc PENTAX-DA f1:3.5-5.6 18-55mm
 山の斜面を切り開いた様子が良く分かる「おおぎびら展望台」から見た下栗の里。 
 里の頂上にある駐車場から、山道を20分程度歩いた山林の中に展望台があり、ここからの景色は絶景なので是非お勧めします。 
 この下栗の里は、里山の環境や集落の伝統を守ろうとする活動が、地元の方々やボランティアにより熱心に行われています。 

(撮影日:2012/07/14 撮影地:長野県飯田市)
                
ご訪問いただき、ありがとうございます。 よろしければ、ポチっと応援いただけると幸いです。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ にほんブログ村

中央構造線露頭部  

2020/05/28(木) 曇りのち雨 
20130922_1154b.jpg
PENTAX K-5 / smc PENTAX-FA f1:3.5-4.7 28-80mm
 九州から四国を経て、紀伊半島から伊那谷の東を通って最終的に茨城県に達する、日本列島を二分する大断層「中央構造線」が露頭している個所があります。
 と言っても、単なる土の壁にしか見えないですが、下の写真の案内図ではベージュ色が大陸側、グレーの方が太平洋側で、その境界が「中央構造線」とされています。 

20130922_1153b.jpg
PENTAX K-5 / smc PENTAX-FA f1:3.5-4.7 28-80mm
 この露頭部は、長野県の伊那谷の東側で堰き止められたダム湖「美和湖」のほとりにある「中央構造線公園」にありました。
 他にも各地に中央構造線が露頭しているジオパークなどもある様ですが、この公園は長閑な山村の中にあり、のんびりと日本列島の地質などに思いを馳せることが出来ます。
 中央構造線は、四国や紀伊半島でも直線的な地形として現れていますが、ここ伊那谷の東側の構造線はひときわ直線構造が顕著に現れていて、Google Earthとかで見ても直ぐに分かります。 

(撮影日:2013/09/22 撮影地:長野県伊那市)

 ※緊急事態宣言は解除されましたが、引き続き2013年9月の南信州の空からお伝えしています。
                
ご訪問いただき、ありがとうございます。 よろしければ、ポチっと応援いただけると幸いです。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ にほんブログ村

太田切川の清流  

2020/05/27(水) 曇りのち晴れ 
20130921_1557b.jpg
PENTAX K-5 / smc PENTAX-FA f1:3.5-4.7 28-80mm
 駒ケ岳ロープウェイへ乗り継ぐためのバスの始点がある、駒ケ根高原を流れる「太田切川」の清流。
 散策して来た「千畳敷カール」などを水源とした川で、この先で中央高速道路とJR飯田線を横切ったのち、天竜川に合流します。
 山岳地帯から流れ込む川のせせらぎは、どの川をとっても清らかですね。 

20130921_1559b.jpg
PENTAX K-5 / smc PENTAX-FA f1:3.5-4.7 28-80mm
 日差しに浮かぶ緑の葉と、太田切川に架かる吊り橋の「こまくさ橋」。 

(撮影日:2013/09/21 撮影地:長野県駒ヶ根市)

 ※緊急事態宣言は解除されましたが、引き続き2013年9月の南信州の空からお伝えしています。
                
ご訪問いただき、ありがとうございます。 よろしければ、ポチっと応援いただけると幸いです。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ にほんブログ村

中央アルプスの岩稜  

2020/05/26(火) 曇りのち雨 
20130921_1220b.jpg
PENTAX K-5 / smc PENTAX-FA f1:3.5-4.7 28-80mm
 中央アルプスの千畳敷カールの中の遊歩道から仰ぎ見る、鋭く尖った岩稜。 右上のピークは、標高2,931mの宝剣岳です。
 ロープウェイで直に昇って来れ、特に登山の装備も無く歩け、こんなにも間近にアルプスの岩稜を見れる場所はなかなか無いのではと思います。 

20130921_1323b.jpg
PENTAX K-5 / smc PENTAX-FA f1:4-5.6 70-200mm
 あまり花は無い時期でしたが、素晴らしい天候の下、氷河期にできた地形を堪能し、ロープウェイで千畳敷カールを後にします。
 こうして、過去の写真を記事にして行くと、また行きたくなってきますね。 できれば乗越浄土を越えて、木曽駒ケ岳まで。 

(撮影日:2013/09/21 撮影地:長野県駒ヶ根市)

 ※緊急事態宣言は解除されましたが、引き続き2013年9月の南信州の空からお伝えしています。
                
ご訪問いただき、ありがとうございます。 よろしければ、ポチっと応援いただけると幸いです。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ にほんブログ村

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

QRコード