海浜幕張の空から

PENTAX機で撮った海浜幕張の空模様・千葉県内の写真を中心に、時々ランクル70やアメリカ西部の写真などを貼っています。

ネバダの荒野と空  

2020/07/06(月) 雨のち曇り 
20200706_1705b.jpg
PENTAX MX / SIGMA f1:3.5-4.5 28-70mm MC / Kodak Ektachrome DYNA EX100
 いかにも、イーハー!とか言いながらアウトローやガンマンが馬に跨って駆けていそうな、ネバダ東部を縦断するUS93号線沿いの荒野。
 何の面白みもない砂漠の平原なんですが、こう言う光景を横目に荒野の中の一本道を走っていると、何故かムフフっとなってしまいます。
 特に、青空にこんな風に鳥が羽を広げて飛翔している様な雲が出ている時は尚更です。  

(撮影月:1999/09 撮影地:ネバダ州クリスタルスプリング付近)
                
ご訪問いただき、ありがとうございます。 よろしければ、ポチっと応援いただけると幸いです。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ にほんブログ村

グレートベイスンへの道  

2020/07/05(日) 曇りのち晴れ 
20200704_2348a.jpg
PENTAX MX / SIGMA f1:3.5-4.5 28-70mm MC / Kodak Ektachrome DYNA EX100
 氷河を見に行った「グレートベイスン国立公園」への道と、ネバダナンバーのピックアップトラック。 

(撮影月:1999/09 撮影地:ネバダ州グレートベイスン国立公園)

 昨夜は久々に、早いうちから寝落ちしてしまい、この時間の投稿となりました。 
                
ご訪問いただき、ありがとうございます。 よろしければ、ポチっと応援いただけると幸いです。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ にほんブログ村

ネバダ州の氷河  

2020/07/04(土) 曇り一時雨 
20200704_2148b.jpg
PENTAX MX / SIGMA f1:3.5-4.5 28-70mm MC / Kodak Ektachrome DYNA EX100
 ネバダ州東部にあるイーリーと言う街から、全米一寂しい道(The Loneliest Road in America)と呼ばれるUS50号線を東へ、ユタ州との州境の近くにある「グレートベイスン国立公園」を目指します。
 先日のヨセミテの記事で、今もアクティブな氷河はアメリカにあるの?とのコメントをいただいたので、たしか見たことがあった様なと思い出し、20年前のネバダ州の旅からお届けします。 

20200704_2149b.jpg
PENTAX MX / SIGMA f1:3.5-4.5 28-70mm MC / Kodak Ektachrome DYNA EX100
 グレートベイスン国立公園にそびえる「ホイーラー・ピーク」(標高3,981m)と、その山腹の「ホイーラー・ピーク氷河」。
 U字谷を形成する様な大きな氷河ではないですが、中央アルプスの千畳敷と同様のいわゆるカール地形を形作っています。
 緯度的には秋田や岩手と変わらない緯度なのですが、富士山より高い標高と、北向きの斜面のために、この氷河は残っているんでしょうね。
 この写真を撮った国立公園内の道路のパーキング自体も標高3,000mの場所にあり、高山病が心配なので写真を撮ったら、とっとと降りて来ました。

 ネバダ州と言うと、灼熱の砂漠の中のリゾート都市「ラスベガス」を思い浮かべますが、こんな氷河も見られる州なんですね。(ラスベガスから車で5~6時間かかりますが) 
 尚、アメリカ本土ではここ以外に、ワシントン州のマウントレーニエ国立公園などでも氷河が見られるそうです。 

(撮影月:1999/09 撮影地:ネバダ州グレートベイスン国立公園)
                
ご訪問いただき、ありがとうございます。 よろしければ、ポチっと応援いただけると幸いです。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ にほんブログ村

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

QRコード